住んでいる不動産物件の査定

任意売却会社とデメリット

住んでいる不動産物件について売却したいと思っている方もいるでしょう。 しかし、住んでいるという事で、きちんと査定していただけないのではないか、 という事を考えている方も多くいらっしゃるはずです。 そのような心配はする必要はありません。 不動産の査定については、特に問題なく行っていただくことが可能です。 不動産に住みながらでも不動産査定をしにきていただけます。 物件の中に入ったりしますので、そのあたりは我慢していただかなければいけませんが、 そのあたりについて特に問題になるという事はないわけです。 どうしても心配な方は不動産業者のほうに連絡して質問してみるべきです。 ほとんどの業者がそのような査定について問題なく行ってくれている事が分かるはずです。

 

不動産投資の利回りと地域

 不動産投資の利回りを考えるときに、不動産の購入金額を抑えるというのは誰しもが考えることです。 利回り計算の分母になる購入金額は、小さいほど利回りとして高くなるので当然ですよね。 家賃収益で運用する不動産投資では、購入金額を抑えるためには地方の物件の方が良く、家賃も不動産相場に対しては高額なことが多くあります。 例えば、都市部の半分の金額で購入したアパートが、都市部に対して家賃が半分以下になるということはあまり考えにくく、家賃というのはある程度最低水準があります。 従って、地方の不動産投資物件の方が利回りは良くなりがちですが、都市部の方が住宅需要が高いため、多くの場合、地方では稼働率で悩むことになってしまいます。 稼働率が悪いと当然家賃収入も落ちるため、結局、利回りが低くなってしまうのが難点です。

Calendar