不動産投資における空室・滞納リスク

不動産投資における空室・滞納リスク

 不動産投資は長期的に安定した収入が得られる魅力的な投資です。 しかし、不動産投資を考える人が気になるのは、やはり空室や滞納のリスクでしょう。 それらにどう対処すればいいかをお教えします。 空き室に関しては、人気の高い地域(例えば、東京都23区など)の不動産を選べば、かなりリスクを減らすことが可能となります。 不動産というのは人がいれば、必ず必要とされる需要度の高いものですから、空室リスクはそこまで不安視する必要はありません。 また、滞納に関しても、きちんとした督促を行う不動産管理会社を選べば十分、防げます。 不安があれば、家賃保証会社の利用を入居者に義務付けるよう管理会社に頼むなど、対処法はいくらでもあります。

マンション不動産の共有部分とは

 いまの特に若い層についてですが、一軒家というよりもマンションなどを選ぶケースが増えてきています。 一軒家の場合にはいろいろと管理も大変という事で、不動産としてはマンションが人気になっています。 ただ、マンション不動産にはあまり耳なれない言葉もあることは事実です。 ですので、そういった言葉についての理解深めましょう。 そのマンション不動産で特にチェックしていただきたいのが、共有部分というものです。 共有部分についてはマンションに住んでいる方が皆さんで共同管理する必要があります。 では共有部分ですが、壁や支柱といったものから基礎や屋根などがあります。 さらに、廊下といったものもありますし、階段やエントランス、さらに管理人室も共有部分です。 マンション不動産の中でも思った以上に共有部分が多いのでその点は理解するべきです。

Calendar