任意売却後の返済パターン

任意売却後の返済パターン

 任意売却後の返済については3通りの展開が考えられます。 1つ目は、任意売却のときに決められた返済計画通りに返済を続け、完済するパターンです。 これがもっとも望ましい解決パターンと言えます。 2つ目は、任意売却をしたものの、残債が多すぎて支払えず、自己破産するパターンです。 ただし、どうせ自己破産するのでは任意売却の意味が無い、などとは思わないでください。 任意売却をして家を処分したほうが、自己破産手続きがスムーズに進んだり、自己破産費用が安くなったりと、メリットが多いです。 3つ目は、任意売却後に債権がサービサーの元に移り、サービサーと交渉するパターンです。 この場合、残債よりもずっと少ない額を払うだけで、残債を放棄してもらえることがあります。 ただ、債権がサービサーに移ると決まっているわけではないですから、期待しすぎてはいけません。

 

任意売却をするということを経験した人

 事情があって住宅ローンを支払うことができなくなった場合に滞納すると債権者によって自宅が競売にかけられてしまうことがあります。強制的に裁判所の人が上がりこんで自宅の外から中からの写真を撮っていきそれを公開されてしまうのです。もちろん競売で買い手が出ればすぐに出なくてはならなくなります。 それを避けるために任意売却という手段を取っている人もいます。任意売却はあらかじめ債権者に了解を取って自宅を売却することです。任意売却をしなければ大変つらい思いをします。分からないことがあれば任意売却の相談を行なっている会社がありますのでネットで調べて欲しいと思います。競売にかけられるよりも任意売却の方がいいという声が多数であります。

Calendar